チキンのドッグフードとは

飼い犬に与えるドッグフードは、高タンパクなものがおすすめです。この条件をクリアするのは肉が占める割合が高いフードです。50%以上のような、肉の割合が非常に高くなっている商品が理想的です。高タンパクのフードが良い理由は、消化にいいことと、脂肪分が少ないこと、アレルギーを防ぐことに繋がることです。ただ肉といってもさまざまな種類が存在し、どの動物の肉がいいのか困ってしまう人もいるでしょう。このサイトでおすすめしたいのは、チキンが使用されているドッグフードです。

チキンのドッグフードの特徴としては、ラム肉のように味に癖がなく、味がおいしいために食いつきがよくなりやすいということがまずひとつ。ほかには、チキンは脂肪分が少ないため、食べ過ぎに注意すれば簡単に太ってしまうようなことはありません。同じ量でも牛や豚の肉だと、犬が太ってしまう心配があります。また、消化によく効率よく栄養補給が行えるという条件も、もちろんクリアしています。ただし、一点だけエサを切り替えるにあたって気をつけなければいけないことがあります。チキンはほかの肉と比較して、アレルギー反応が生じるリスクが少ないものの、チキンのエサに変更した場合の犬の様子にはよく気を付けて、毛が抜ける、目やにが出る、目が赤くなる、皮膚の炎症が生じるといったアレルギー症状が出た場合には注意深くチェックしましょう。

当サイトでは、チキンが使用されているドッグフードを選ぶ際に注意したいことや、どういう犬に与えるのが良いのかをまとめています。愛犬のエサ選びで迷っている人は、別のページの内容もぜひチェックしてみてください。