どういう犬に合う

ドッグフードの肉にチキンが採用されている商品は、犬の年齢や犬種を基本的に選びません。アレルギーを起こすことに気を付けていれば、一般的にどういう犬とも相性がよい、取り入れやすいタイプの肉といえるでしょう。ただ、特にどういう犬に良いのかを知りたい人もいるはずです。そのような人のため、以下に特にチキンのフードがおすすめな犬を紹介させていただきます。

まず、チキンが使用されているドッグフードがおすすめなのが、肥満体型になっている犬です。チキンはほかの牛や豚のような脂肪分の多い肉と比較して低脂肪です。脂肪の摂取量を減らすことができるため、ダイエット効果が出やすくなります。また、チキンにはタンパク質の含有量に優れているという特徴もあります。太る原因となる脂肪分を減らし、健康のために必要な栄養を十分に摂れるということで、肥満解消を目指すのにはうってつけのフードです。

このほかには、チキンは味が美味しいということで、好んで食べる犬種が多いです。現在、犬を飼っている人のなかには、エサの食いつきが悪くなっていることが悩みという人も少なくないでしょう。チキンに変えてみることにより、この問題が解決する可能性がありますので、試してみてはいかがでしょうか。

原材料表記に注意

チキンが使用されているドッグフードを購入するにあたっては、原材料表記を必ず確認しましょう。チキンといっても、品質は商品によってバラつきがあるためです。はっきりと鶏肉と表示されているもの以外は、愛犬に与えるエサの安全性のことを考えると好ましくありません。

チキンと表示されていても、ミールという言葉が入っているものは避けておくのが賢明です。なぜかといいますと、ミールはくず肉という意味があります。低品質な肉が使用されているということです。格安で販売されているドッグフードに入っていることが少なくないため、注意が必要といえるでしょう。エサにかかる費用を節約した結果、粗悪な肉で犬が健康を害し、動物病院にかかる費用が高くついてしまったという失敗は避けたいところです。

また、酸化防止剤、保存料、着色料、香料が配合されているエサは避けましょう。長期的に摂取した結果、悪性腫瘍などの病気にかかってしまうことになりかねません。着色料や香料は直接的に犬に深刻な悪影響はおよばないものの、低品質でおいしくない肉に食欲をそそるような色や香りを付けている場合もあります。人間が食べられる品質の無添加のドッグフードを選択することが大切です。

チキンのドッグフードとは

飼い犬に与えるドッグフードは、高タンパクなものがおすすめです。この条件をクリアするのは肉が占める割合が高いフードです。50%以上のような、肉の割合が非常に高くなっている商品が理想的です。高タンパクのフードが良い理由は、消化にいいことと、脂肪分が少ないこと、アレルギーを防ぐことに繋がることです。ただ肉といってもさまざまな種類が存在し、どの動物の肉がいいのか困ってしまう人もいるでしょう。このサイトでおすすめしたいのは、チキンが使用されているドッグフードです。

チキンのドッグフードの特徴としては、ラム肉のように味に癖がなく、味がおいしいために食いつきがよくなりやすいということがまずひとつ。ほかには、チキンは脂肪分が少ないため、食べ過ぎに注意すれば簡単に太ってしまうようなことはありません。同じ量でも牛や豚の肉だと、犬が太ってしまう心配があります。また、消化によく効率よく栄養補給が行えるという条件も、もちろんクリアしています。ただし、一点だけエサを切り替えるにあたって気をつけなければいけないことがあります。チキンはほかの肉と比較して、アレルギー反応が生じるリスクが少ないものの、チキンのエサに変更した場合の犬の様子にはよく気を付けて、毛が抜ける、目やにが出る、目が赤くなる、皮膚の炎症が生じるといったアレルギー症状が出た場合には注意深くチェックしましょう。

当サイトでは、チキンが使用されているドッグフードを選ぶ際に注意したいことや、どういう犬に与えるのが良いのかをまとめています。愛犬のエサ選びで迷っている人は、別のページの内容もぜひチェックしてみてください。